7月に入りましたが先月に引き続きすっきりしないお天気が続いていますね。

なかなかお洗濯物が乾かなかったり、何となく気分が沈んだり…。

梅雨は憂鬱な気分になりがちですが、植物にとっては夏以降グングン成長するために必要な時期なのだとか。

そう言われてみると、外の樹々や草花達はほんの少しだけど枝が伸びていたり新しい葉を茂らせていたり、こんなお天気でも着実に育っており、とっても愛おしく感じます。

鬱蒼とした季節でも「恵みの雨」と転じて考えられるポジティブな気持ちでいたいものですね。

***************************

さて、当店の7月の休業日は以下の通りです。

よろしくお願いいたします。

jul.2019.scedure

***************************

<お菓子教室のご案内>

今月はちょっとだけお菓子を脱線して、食事やおつまみにぴったりのお惣菜を作りましょう。

1E4A454B-EFB8-47FD-B0E6-3F0EC0D45E83

Quiche Lorraine ~ロレーヌ風キッシュ~

今では街中のカフェやパン屋さんでもよく見かけるようになったキッシュ。

手作りされている方も多いのではないかと思います。

 

キッシュは今ではフランス全土はおろか、世界中に知れ渡る人気のお惣菜ですが、元々はアルザス・ロレーヌ地方の郷土料理。

ロレーヌでのキッシュは本来、ベーコンのみを具材とするそうですが、家庭によっては玉ねぎやほうれん草を加えたり…なんだか私たちの家庭料理のようですね。

キッシュはまさにフランスのおふくろの味なんです。

 

実はキッシュは当店の隠れメニュー。

根強い人気がございます。

お菓子教室の生徒様からも大変好評で、是非レッスンを、というお声が高まり、今月のメニューとさせていただきました。

05C1ECBB-36DE-4EC8-BDD7-B0C73C76D8A4

出来上がったキッシュとお料理をちょこっと乗せただけで、なんだかカフェの一品のようですね。

レッスンの後のご試食には、地元のお野菜をたっぷり使った小さなお料理とキッシュの応用、デザートもお付けします。

 

今では「洋菓子店」の意味で解釈されている「パティスリー(Patisserie)」は、元々パイやケーキ等の粉を使った生地を焼く「練り生地菓子」という意味だったそう。

菓子屋のこだわりの生地で焼き上げたキッシュは、手作りとは思えないほど美味しく出来上がりますよ。

具材を変えて四季折々のオリジナルのキッシュを作って、おもてなしや持ち寄りパーティーでみんなに自慢しちゃいましょう。

さっくりコク深いお惣菜作りをご一緒に。

 

***************************

[募集日程]

2019年7月14日(日)・15日(月・祝)・21日(日)・26日(金)・28日(日)

26日(金)のみ11:30から  その他全日13:00よりレッスン開始

*上記以外の日時でのリクエストレッスンも承ります。(2名様以上/平日・夜間も可)

詳しくはご相談ください。

[募集人数]

全日3名様まで

*7月26日(金)のみ残席2となります。(7月5日現在)

 

[レッスン料]

おひとり様¥7,560-(税込)

 

◆当教室では生徒様おひとりで全ての工程を行っていただき、お作りになられたお菓子を全てお持ち帰り頂きます。尚、お持ち帰り用の包材はこちらでご用意させていただきます。

◆レッスン後は講師作製のメニューの他に応用のお料理等、計6品程度とお飲み物をご提供いたします。

 

お申込み・お問い合わせはお気軽に当ホームページ内「CONTACT」よりお寄せください。